バンドを始めよう!

バンドで音楽を楽しむ

音楽が好きな人は、何らかの楽器を扱っている人が多く、趣味で楽器をやっているという人も中にはいたりしますので、そういった人達でグループを結成させて、バンドを組むという人たちもいます。
自分たちで曲を作って、それを演奏して路上などでライブ演奏なども披露していき、良いと評判されてくるようになると人気も上がってきます。
そうなるようになるには、とても努力の必要なことですが、趣味のために始めたバンドがいつの間にか評価さて、世の中に出回るというケースも少なくはありません。

曲を演奏して歌うということはなかなか出来ないことですので、やりたいという人がいるならば、メンバーを募集にかけるなど呼び集めて、結成させてみましょう。
音楽が好きで楽器が演奏できるのであれば、そういったものを実現させるという意味で、自分の目標を持ってみるのも趣味で終わらせるのは勿体無いですので、グループを作ってやってみましょう。
新聞や雑誌などに募集などを呼びかけたりも出来るので、呼びかけて集まることが出来たのならば、それは嬉しいことです。

やってよかったと実感できるので、一人で楽器を演奏しているのではなく、バンドというグループを作って楽しむというのも、良いものです。

バンドの演奏が上達するコツ

今組んでいるバンドはありますか?演奏している内容や曲のクオリティーに満足していますか?伸び悩んでいるバンドマンは非常に多いと思います。ここでは個人の演奏技術はもちろん、バンド全体のレベルアップに関してのコツを挙げていきます。
まず、リズムが揃わない・キメが合わないなど技術的な問題。最初は楽器から音を出さず、クリックだけを鳴らして問題のフレーズをみんなで歌ってみましょう。ここで合わないと楽器では絶対合いません。それぞれの音符の読み間違い、音の取り間違いなどに気付きます。リズム・縦が揃わないならば、クリックを鳴らしつつ、テンポを落としてゆっくり練習しましょう。

あとは、録音。今は携帯にボイスメモ機能など便利なアプリがあるので、どんな音質でも良いからとにかく録音し、客観的に聴きましょう。ひたすら何度も曲を通すのも良いですが、それは殆ど曲が完成に近づいている状態の時に限ります。まだ曖昧な時は、1曲練習・録音をプレイバック、でその場でチェックしたりトライ&エラーを繰り返してください。
スタジオに入る前の準備も念入りにするだけでガラリと変わります。練習する曲はもちろん、全曲せず2曲に絞ったりテーマを決めたりと練習メニューを作る、楽譜や音源はメールやストレージサイトで共有など、短縮できることは全部スタジオ前に終わらせましょう。スタジオに入る前や後にミーティングするとなお良いですね。各自エフェクターを並べたり、チューニングをスタジオのロビーで済ませるなどしておけば、なおスムーズです。システム作りをしっかりすることでより短期間でレベルアップが図れます。

recommend

春休み 留学
http://www.nexsis-shingaku.jp/
カナダ 高校留学
http://www.kaigairyugaku.biz/flag01/education/
リシャールミル
http://www.couronne.info/shopbrand/026/X/
帽子 通販 レディース
http://www.r-merry.com/
大学 偏差値
http://hensachimap.com/
エステ 富山
http://www.b-salon.jp/
山梨 求人
http://ai-q.jp/
町田 歯列矯正
http://www.kanegae-ortho.net/

最終更新日:2016/6/10